予約制を快適にするポイント

予約制は時間どおりに案内できれば非常に快適なシステムですが、 少しでも遅れると「予約した意味がない」とクレームになり、順番制より不満度は高くなります。
不満度が高くなる原因は、また待つこと自体に加えて、以下が要因となります。

  ●「そこに居なくてはいけない」などの自由を奪われること
  ●「あとどのくらい待つのか」「自分は今何番目なのか」といった不安

まずは遅れるリスクを減らし且つ遅れても挽回できる最適な予約間隔を考えるとともに、 万が一に備えて場所に縛ることなく順番の見える化を徹底して、少しでも待ちが快適になる仕組みを整えるべきです。

場所に縛らない

順番が分かる

最適な予約間隔

予約制で遅れが生じる原因は、前の予定が長引いて予定時間内にサービスが終わらないためです。 それを防ぐ最も単純は方法は、予約時間の間隔をサービスが確実に終わる時間に広げることです。
しかし広げ過ぎると予約できる人数が減ってしまい、またサービスが早く終わると無駄な空き時間が出来てしまいます。
広すぎず狭すぎないベストな間隔を見つけ、且つ空いた時間を活用する仕組みを考えておき、無駄がなく柔軟に対応できる予約間隔にすることが重要です。

下記の例は、平均10分くらいのサービスを20分間隔の予約にすることで時間オーバーのリスクを減らし、 空いた時間に予約のない方や優先度の高い方(G、H、Iさん)を割り込ませています。 仮にDさんのように時間をオーバーしても、Eさんが早めに終われば挽回することができます。